最新情報

皆さんこんにちわ。株式会社パシュートでございます。

 

弊社管理物件にお住まいの入居者様にお役立ち情報を提供させていただきます。

日々の生活の参考にしていただければと思いますので、是非ともご覧ください!

 

今回は退去立会時に発生する原状回復工事とその費用負担について解説させていただきます。

弊社も賃貸物件の退去時に高額の原状回復工事費が請求されたという相談をされることも少なくありません。

弊社につきましては、国土交通省による「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000020.html

に沿った原状回復請求をさせていただいておりますので、不当な請求をしていることはありませんので、その考え方を説明させていただきます。

 

そもそも原状回復工事とは

住んでいた部屋を住み始める前の状態に戻す工事のことです。

次の入居者様を迎え入れるにあたり、良い状態で迎え入れられるよう、現入居者様には元の状態に戻す義務が課せられています。

 

ですが、その工事の全てが入居者の負担になるわけではなく、「故意・過失のあった箇所」のみが入居者が負担すべきとされております。

ガイドラインに沿った表現を使うと、「グレードアップ」「通常損耗」はオーナー負担、「故意・過失」は入居者の負担となります。

 

用語の解説

ガイドラインの用語「グレードアップ」「通常損耗」「故意・過失」について解説させていただきます。

 

・グレードアップ

その名の通り、今付いてる物より良いものに交換すること。もちろんその費用を入居者が負担する必要はありません。

但し、故意・過失によって交換が必要な場合、その場合も同じグレードの物に交換する分の費用は入居者様の負担となります。

・通常損耗

日常生活の上でついた傷、汚れのことです。普通に生活していてもついてしまう物は仕方ないよね、という考え方です。

具体的には

 キッチン横の壁の油跳ね

 床に洗濯機の足の跡がついてしまった

 換気口周りの雨水汚れ

 壁に家具・ベッドの跡がついてしまった

 画鋲の跡

などが一般的です。

・故意・過失

入居者様の故意、もしくは過失でついてしまった汚れ・キズのことです。

この故意・過失と通常損耗の線引きの認識が入居者様と合わないことが多く、トラブルになりやすいです。

こちらも代表例をお伝えさせていただきます。

 

故意・過失の代表例

故意・過失となり、請求に対象になる箇所の具体例を説明させていただきます。

 

・壁クロスの剥がれ

何かがぶつかって壁クロスが剥がれてしまっていることがあります。壁クロスの剥がれについては通常損耗ではありえませんので、故意・過失となります。

・スイッチの周りが手垢で真っ黒に黒ずんでいる

日常生活で壁クロスが汚れてしまうのは仕方ないのですが、壁紙が変色してしまうほどに汚い手で何度も触るのは故意となります。

・玄関の壁が靴が擦れた跡で黒ずんでいる

多少靴が擦れてしまう分には問題ありませんが、何度も壁に靴を擦りつける行為は不注意と言わざるを得ません。

・ペットによる汚れ・引っかき傷

通常のお部屋の契約ではペットの飼育は想定していないことが多いです。ペットの飼育は特例であることが多く、ペットによる汚損は全て入居者様となるケースが多いです。

・家具の色が床・壁に写ってしまった

色移りがする可能性のある家具を置き、色が映ってしまった場合は入居者様の過失となります。

・つっぱり棒を取り付けていた部分の壁紙が凹んだ、剥がれた

突っ張り棒の重みで壁紙がぐちゃっと剥がれてしまっていることが多く、ほとんどの場合、故意・過失となります。

ズレないようにしっかりと張るか、ダンボール片を挟むなどの工夫で防げることもあります。

・タバコ喫煙による変色

タバコによる汚損は故意となります。換気扇の下でしか吸っていないなどと言われることも多いのですが、たばこは部屋を燻してるようなものですので、かなり変色があります。その部屋では吸っていないとしても、煙が部屋中を回りほぼすべての部屋が原状回復の対象になることも少なくありません。

 

また、通常損耗にあたる部分でも、通常使用の限度を超えていると、故意・過失と判断される場合もありますので注意が必要です。

 キッチンの壁に明らかな油やソースによる汚損が見られる

 そこらじゅうに家具跡がある

 画鋲の穴が無数にある

などは故意・過失となりますのでお気をつけください。

 

とどのつまり、原状回復工事にかかる費用の中から、上記の「故意・過失」にあたる部分が入居者様に請求される金額となります。

ですが、その工事費を全て支払わなければならないわけではありません。

原状回復工事の対象になる箇所は壁紙・床材であることが多く、その壁紙・床材については経過年数を考慮して負担割合が決められております。

※国土交通省のガイドラインでは、壁紙と一般的な床材であるクッションフロア―は耐用年数6年とされており、張替から6年経過で残存価額が1円になるとされています。

大体のイメージになりますが、

入居から1年経過…工事費の85%程度

入居から2年経過…工事費の70%程度

入居から3年経過…工事費の50%

入居から4年経過…工事費の33%程度

入居から5年経過…工事費の20%程度

入居から6年経過…負担なし(厳密には1円)

となります。

 

つまり、原状回復工事にかかった費用の中で、故意・過失にあたるものだけが入居者様の負担箇所となり、その内の入居年数を考慮した負担割合分の費用を負担する感じになります。

原状回復工事20万→入居者負担箇所10万→3年経過で50%→入居者様の負担は5万円程度というイメージです。

 

但し、壁紙・床材以外の汚損に関しては、経年劣化を考慮しない物がほとんどですので、

洗面化粧台にひびを入れてしまったり、扉に穴を開けたりしてしまうと、実費での費用負担となりますので、それ相応の費用が発生しますので、生活の上で十分に気を付けていただきますようお願いいたします。

 

また、弊社では契約書にて

「ペットによる汚損」「タバコ喫煙による汚損」については、経年劣化を考慮せず、全額入居者の負担とする、とさせていただいております。

ペット・タバコによる汚損は全額入居者負担とさせていただきますので、ご了承ください。

 

原状回復請求について、いろいろ書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?

こちらの記事は国土交通省のガイドラインに沿ってはおりますが、あくまで弊社における原状回復請求の見解となっております。

全ての管理会社様の原状回復請求に沿うものではありませんので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

年築 その他
階建て
号室 空室
状況
タイプ 間取り
(帖)
面積
(㎡)
家賃 管理費 駐車場 町内
会費
ペット 敷金 礼金 AD 入居可能
予定日
初期費用
敷:1/礼:0 敷:1/礼:1 清掃料 火災
保険
その他 円~ 他の色
円~ 円~
その他
その他
その他
その他
その他
その他
その他
その他
その他

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です